中古ダンプを売るときに心掛けておきたいポイント

中古ダンプを査定に出す前に!査定額を上げるために実践したいこと

買取査定アップのために

大切にしてきた中古ダンプだからこそ、最後には高く売りたいと思うことでしょう。買取ではちょっとした工夫や努力、準備だけで査定額が随分と違ってきます。こちらでは、そんな工夫や努力、準備などのコツをご紹介します。

中古ダンプを売るときに心掛けておきたいポイント

工事現場

補修は自分で行なうべき

中古ダンプを長年利用していると、走行中に小石を跳ね上げて小さなキズができたり、経年劣化によってボロボロになっていたりします。査定時には中古ダンプの見た目や状態が重視されることも多いです。細かいキズなどはコンパウンドで磨いてキレイにしておきましょう。

車内の環境をリフレッシュ

外装だけでなく、車内の環境の良さも改めて確認しておきましょう。特に、タバコなどの臭いが染み付いていれば査定でのマイナスポイントになりえます。悪臭がする場合、脱臭剤や消臭剤などを使用しつつ、車内環境をリフレッシュしておくといいでしょう。

メンテナンスを実施する

中古ダンプも一般的な中古車両と同じで、メンテナンスがこまめに行われていることで買取額がアップします。そのため、車両を売却する前にはメンテナンスを実施し、不備がないようにしておきましょう。何か修理が必要な場合には、修理費用と買取でのマイナス額を差引して決めるといいです。

アピールが大事!

少しでも買取額をアップするために、査定士に愛車へのこだわりをどんどんアピールしましょう。アピールすることで、買取額アップに繋がることも多いです。

広告募集中