中古ダンプの査定金額をアップさせるコツをご紹介!

簡単にダンプの査定金額がアップ!苦労なく買取額を上げる方法とは

下取りと買取の違いって?

下取り

車を買い替える際、車を購入する販売店に今乗っている車を売り、購入する車の代金の一部に立て替えることを下取りと言います。

買取

今乗っている車を売って、現金を得ることを買取といいます。買取では、新しく購入する車をその会社で選ぶ必要はありません。

中古ダンプの査定金額をアップさせるコツをご紹介!

ダンプカー

複数の買取業者から見積もる

中古ダンプの査定金額をアップさせるには、どの買取業者を選ぶのかということが非常に大切です。今ではネットの査定一括サイトによって簡単な車両情報(年式や状態)を入力するだけで無料で複数の買取業者から見積もりを取ることが可能です。高額査定を狙うなら最低でも3社以上の買取業者から見積もりをとっておくことをおすすめします。

すぐに売らない姿勢が大事!

買取業者と交渉になれば、こちら側が損をする可能性も高いです。そのため、中古ダンプを高値で売るためにも、買取業者にアピールしつつ、すぐに売らない姿勢を作ることが大事です。買取額に納得していない態度をとれば、相手が本気の査定金額を開示してくれる可能性も高まります。時間をかけてでも、納得できる買取額を目指しましょう。

あらかじめ相場を確認しよう

下取り査定でも買取査定でも、愛車の査定相場をあらかじめ調べておきましょう。査定相場がわからないのに、査定したところでその金額が高いのか、安いのかも判断できません。最近では、買取業者のホームページなどで買取実例などが掲載されています。それらの有益な情報を活用し、満足できる買取を行ないましょう。

売却する時期を考える

中古ダンプをはじめ、中古車両の価格設定は顧客のニーズや建築業界の繫忙期に合わせていることが多いです。そのため、ダンプの査定金額を向上させるためには、売却する時期を繫忙期に合わせて売却するということが正しい選択です。ダンプの買取価格が向上する時期は冬頃が多いので、その時期に合わせて査定を依頼するといいでしょう。

広告募集中